#sweet everyday..
かわいいコスメ
かわいいファッション
かわいい生活

女性の「かわいい」の為に・・
ダイエット

スパイスでダイエット!食べて痩せるふりかけの効果とレシピとは?

この記事を書いたのはsatoです。

satoのプロフィール

加藤さんプロフ用写真年齢不詳のsatoは靴と競馬が大好き!ネイリストの資格も持っているsatoの特技は競馬の複勝を当てる事だという。誕生日は2月21日のA型で体型は161cm/48㎏とかなりのスレンダーボディ。好きな食べ物は生ハムでワイン好き。7歳の女の子のママで将来は大人になった娘とお買い物に行くのが楽しみだそう。

「情報満載の楽しいサイトつくりがんばります♡」

顔出しNGのsatoの写真は娘ちゃん♡(笑)

「香辛料ってダイエットに効果ある?」

「スパイスふりかけを試してみたい!」

「辛いものが大好き」

夏になると食べたくなる(笑)カレーやエスニック料理などの、辛くてスパイスの効いた料理!そんな料理に使われるスパイス(香辛料)は、なんと!350種類以上あると言われていますがそのスパイスの中には、食べることでダイエット効果に繋がるものがあるんです!そこで今回は、スパイスを食べて痩せられる⁉『スパイスダイエット』をご紹介していきたいと思います♡

スパイスを食べて痩せられるの?

みなさんご存知のとおり、ダイエットの肝といえるのが「脂肪の燃焼」です!そして脂肪の燃焼を促してくれるのが「新陳代謝」ですよね。新陳代謝が高まると、体内のエネルギー消費量が上がるので脂肪が燃焼されやすくなり、ダイエット効果へと繋がるのですが、新陳代謝を促進する効果があることで注目されているのが、カレーなどにつかわれるスパイス‼インド料理やエスニック料理につかわれているスパイスは、体内のエネルギーを活発にして代謝を高めてくれるほか、血行促進や脂肪燃焼、デトックスや美肌など、女性に嬉しいさまざまな効果が期待される「痩せスパイス」だったのです‼

【痩せスパイス】の効果とは?

350種類以上あると言われているスパイスのなかで、「痩せスパイス」とはどれでしょう?ここではスーパーなどでも見かける、身近なものからピックアップしてみました!

ジンジャー(生姜)

みなさんお馴染みのジンジャー(生姜)は、体を温める効果があることでよく知られていますよね。これはジンジャーに含まれる辛味成分が血行を促進し、新陳代謝を活発化するからなんです!特に注目すべきなのは、生姜を20g食べるだけで「エネルギー消費率が約10%もアップ」すること‼熱を加えることでさらに体を温める成分が増加し、チューブに入っている生姜でも効果があるそうなので、取り入れやすいスパイス食材ですね♡

トウガラシ

こちらもダイエットの味方でお馴染みのトウガラシ!トウガラシの「カプサイシン」という辛味成分がダイエットに有効であることは有名ですよね。このカプサイシンを摂取することで、「アドレナリン」というホルモンが分泌されるのですが、アドレナリンによってエネルギーの消費が高まり、代謝がアップするので脂肪を分解しやすくなるのです‼また血行促進や血流改善の作用もあるので、冷えや肩こりの解消も期待できますし、お料理にトウガラシを入れると、少量の塩でも塩辛く感じることから減塩効果も期待できるんです。

シナモン

「シナモン」と聞くと、スイーツなどの香りや風味付けにつかわれるイメージですが、中性脂肪やコレステロール値を下げるほか、脂肪細胞を小さくしたり、新陳代謝を上げるなどの効果が期待できるスパイスなんです!そして優れているのが、シナモンの美容や健康に対する高い効果‼シナモンは毛細血管を修復する力があるので、血管を健康にし酸素や栄養を全身に運べるようにしてくれます。さらにシナモンは「世界最古のスパイス」ともいわれており、ミイラの防腐剤にもつかわれていたほど強い防腐効果を持っていることから、強い抗酸化作用によって体を若々しく保ち、アンチエイジング効果も期待できるんです♡

クミン

「クミン」には解毒作用や利尿作用があるといわれており、腸内に溜まったガスを出してくれたり、体内に溜まった老廃物を排出してくれるデトックス効果が期待できます!またクミンには豊富な栄養素が含まれているので、貧血や免疫力アップの効果だけでなく、体内にある活性酸素を減らし肌の老化を抑えて、アンチエイジングにも効果的なんです‼

カルダモン

「カルダモン」は3000年以上の歴史があるスパイスで、カレーやチャイなどにも使われていますね。古くは上流階級の人々が肥満予防の薬として愛用していたそう‼そんなカルダモンは食欲を抑制したり、代謝を高めて脂肪を燃焼する作用、解毒作用や利尿作用さらには口臭防止効果まで期待できることから、「スパイスの女王」とも呼ばれているんですよ♡

ターメリック

こちらもご存知の方が多い「ターメリック」。カレーの香辛料として欠かせないターメリックは「秋ウコン」のことです!ターメリックの主成分「クルクミン」は、強力な抗酸化作用があり、体を老化させてしまう活性酸素を打ち消してくれます。また食物繊維も豊富なので下痢や便秘などが改善され、老廃物の排出をスムーズにしてくれるのです‼

ダイエットに効果的!スパイスふりかけとは?

ダイエットや美肌に効果的なスパイスをつかった『スパイスふりかけ』。それぞれのスパイスの良い部分をいいとこどりしたこのふりかけは、“食べ痩せ”が叶ううえにキレイにダイエットができると注目されています!作り方は極めてシンプル!量って混ぜるだけなので簡単にできちゃいます(笑)材料となるスパイスは、大型のスーパーなどで売られているので、香辛料が置いてある売り場(カレールーの近くが多いです)をチェックしてみてください♡

スパイスふりかけのレシピ『ダイエット編』

黒コショウ・・・・30g

長コショウ・・・・30g

ジンジャーパウダー・・・・30g

ターメリック・・・・3g

フェヌグリーク・・・・6g

フェンネル・・・・9g

クミン・・・・3g

岩塩・・・・3g

スパイスふりかけのレシピ『美肌編』

黒コショウ・・・・15g

長コショウ・・・・15g

ジンジャーパウダー・・・・15g

アサフェティダ(ヒング)・・・・3g

ココナッツファイン・・・・9g

岩塩・・・・3g

長コショウは「ヒハツ」や「ロングペッパー」という名称で売られていることが多いようですね。また、「計量スプーン」で代用する場合の目安ですが【大さじ1杯は15g、小さじ1杯は5g】になるので参考にされてください!この際、計量するものによって若干前後するので、あくまでも目安となります。ですので、よりよい効果を実感したい方は、スパイスの分量を「調理用のはかり」でしっかり量ってブレンドすることをおすすめします‼

 

スパイスふりかけの食べ方

ブレンドした『スパイスふりかけ』は、特にふりかける料理は決まっていないので自分の好きなものに、パラパラとふりかけて食べてください!お料理や食材に風味豊かなスパイスの香りが加わりますが、和食(焼き魚や煮込み料理など)にも合いますし、お肉やパスタなど洋食系にもいいですね!もちろん、カレーにはとっても合います(笑)外出先には小分けにして、入れ物に入れるなどして持ち歩いてもOK!自宅だけでなく、外出先の食事にもダイエットを意識して活用してみましょう!

スパイスダイエットの注意点

いくら美味しく食べながらダイエットできるからといって、スパイスの過剰摂取は血圧が上がりやすくなるなどの危険性があるので要注意です‼あくまでも1日3g(小さじ1杯弱)を目安に、摂り過ぎには注意しましょう!また、血圧が高めの方やお薬を飲んでいる方は医師に相談するなど、ご自分の体調と相談しながら取り入れることをおすすめします♡

スパイスダイエット!食べて痩せるふりかけをまとめ

今回の、スパイスでダイエット!食べて痩せるふりかけについての記事は参考になりましたか?スパイスのそれぞれの良い部分をいいとこどりした「スパイスふりかけ」は、ダイエット効果だけでなく、美肌効果や健康促進まで幅広く活躍してくれる「魔法のようなふりかけ」でした‼これなら好きな食事にプラスするだけでいいので、とっても簡単!辛い物好きの私にはまさに、魔法のようなふりかけです(笑)しかも、いつものカレーにプラスするだけで、本格的な味わいに変化してくれる優れもの♡美味しくて美容にもいい「スパイスふりかけ」をぜひ、お試しくださいね♡