#sweet everyday..
かわいいコスメ
かわいいファッション
かわいい生活

女性の「かわいい」の為に・・
スキンケア

メイク崩れはもうしない!1日中崩れないメイク術7選!

satoのプロフィール

加藤さんプロフ用写真年齢不詳のsatoは靴と競馬が大好き!ネイリストの資格も持っているsatoの特技は競馬の複勝を当てる事だという。誕生日は2月21日のA型で体型は161cm/48㎏とかなりのスレンダーボディ。好きな食べ物は生ハムでワイン好き。7歳の女の子のママで将来は大人になった娘とお買い物に行くのが楽しみだそう。

「情報満載の楽しいサイトつくりがんばります♡」

顔出しNGのsatoの写真は娘ちゃん♡(笑)

「朝のキレイなメイクが続かない」

「汗や皮脂ですぐメイクが崩れてしまう」

「崩れないメイクってあるの?」

気温や湿度が高くなるこの季節。せっかく朝早く起きてキレイにメイクしても、早々に崩れてしまうことありませんか?そんなメイク崩れにお悩みの女子は必見♡1日中崩れ知らずのメイクが続く!とっておきのスキンケア&メイク術をご紹介します!

メイク崩れの原因って?

メイクが崩れてしまう原因は「汗・皮脂・乾燥」の3つです。多くの女性は、朝のメイクを済ませ身支度を整えたら出勤ですよね?その通勤時にまずをかき、時間の経過とともに皮脂も出てきます。そして、オフィスに入ればエアコンによる乾燥の危険にもさらされます!

メイク崩れの原因【汗】

顔の汗によってメイクの層が浮いてしまい、ファンデーションと混じり合うことでドロドロに!特に暑い夏は汗をかきやすいので、汗でメイクが流れ落ちてしまうことも多いのです。また、普段から運動不足の人、体脂肪が多い人、多汗症の人は顔に大量の汗をかきやすいので、どうしてもメイクが崩れやすくなってしまうのです。

メイク崩れの原因【皮脂】

メイクが皮脂で崩れてしまう原因は、メイクの成分である油分が皮脂に溶け込んでしまうから!夕方になると、メイクした肌に脂っぽいテカリが出てしまい、メイクの膜がはがれ落ちてしまった経験をお持ちの方も多いはず(泣)皮脂の分泌が過剰になると、それだけメイクも崩れやすくなるのです。

メイク崩れの原因【乾燥】

肌が乾燥していると、ファンデーションがヨレてしまったり、粉を吹いてしまったりとメイクのり自体がよくありません。ですが肌が乾燥すると肌を保護するために、逆に皮脂が過剰に分泌されてしまうので、べたついた肌になってしまいテカリも出て、メイクが崩れやすくなるのです。

このような、メイク崩れの原因となる「汗・皮脂・乾燥」の対策をすることで、メイク崩れを改善することができます!いつものスキンケアやメイクにプラスするだけの、簡単な7つの方法を次項でチェックしていきましょう♡

メイク崩れは防げる!とっておきのメイク術7選

早速♡いつものスキンケアやメイクにプラスするだけの秘策をご紹介!明日から実践できる方法ばかりですよ♡

1・毎朝の洗顔を見直してみよう!

メイク崩れを防ぐファーストステップは、朝の洗顔方法から!みなさんは朝の洗顔をどのようにされていますか?朝の肌は眠っている間に分泌された皮脂や、付着した汚れなどでごわついているので、ついゴシゴシと洗ってしまいがち!ですが、洗浄力の強い洗顔料を使いゴシゴシと顔をこすってしまうのは厳禁です‼これは肌を傷めるばかりか、大事な皮脂をとりすぎてしまうことに!さらに、お湯の温度にも注意が必要です。洗い流す時は、ちょっと冷たいかな?と思うくらいのぬるま湯がベスト!熱いお湯で洗い流すと皮脂をとりすぎてしまい乾燥肌を助長してしまいます。ですので、朝の洗顔は『ぬるま湯で、洗顔料をしっかり泡立てて、手が顔に触れないよう優しく洗う』これがポイントになります♡

2・スキンケアは保湿を重視しよう!

洗顔後のスキンケアで重要なのは、とにかく保湿‼まずは化粧水をしっかり浸透させ、必ず乳液かクリームの油分で”フタ”をすることを忘れずに!理由は、きちんと”フタ”をすることで肌の乾燥を防ぎ、余分な皮脂分泌を防ぐことができるからです。べたつきを嫌って、乳液やクリームを使わない人がいますが、それは逆効果!皮脂が過剰に出てしまう原因は肌の水分不足ですから、朝もしっかりと化粧水で肌に水分補給をして、潤いを逃さないようきちんと”フタ”をしてあげましょう♡

3・Tゾーンの毛穴は引き締めよう!

おでこから鼻先にかけての皮脂腺が活発な部分、”Tゾーン”の化粧崩れが気になる方には、毛穴と肌をキュッと引き締めてくれる「収れん化粧水」がおすすめです!ただし収れん化粧水のみでは、充分に肌に潤いを与えることができないので、保湿効果のある化粧水と合わせて使うことをおすすめします!この場合、『お顔全体に保湿系を塗った後、Tゾーンのみ収れん化粧水を重ねる』という方法がベスト!必要な水分を与えつつ、気になる部分の肌を引き締めることができます。

4・スキンケアは時間を置いて浸透させよう!

化粧水や乳液の成分が肌表面に残っていると、その後の下地がキレイにのらないことをご存知でしたか?化粧水や乳液といったスキンケアが、肌によくなじんでからメイクに取り掛かる方が下地やファンデーションのノリがよくなるので、朝ご飯やお茶を飲むなど時間を置いて完全になじませてからメイクに取り掛かりましょう♡朝は何かと忙しいので、一気にメイクを済ませたいところですが、ここは少し時間をかけてあげましょうね。

5・ファンデの下地は薄くしよう!

ファンデを美しく仕上げるためにも化粧下地は、薄く均一に塗ることが大切です。顔全体に滴量を5点置き(額・鼻・顎・両頬)して、内側から外側に薄く丁寧に伸ばしましょう。肌の表面はデコボコしているので、毛穴を埋めていくように”ポンポン”と指先で叩き込むのもOK!大切なのは、厚みが均等になるように丁寧に塗ること!厚塗りするとメイク崩れを助長するので注意しましょうね♡また化粧水と同じように、下地もTゾーンのみ部分用下地を使い分けるのもおすすめ!「皮脂吸着効果」がある下地を小鼻を中心に使えば、崩れの原因である皮脂を抑えてくれるでしょう。この場合も、Tゾーン以外は保湿系の下地を使うようにしましょう!Tゾーン以外は乾燥を防ぐことを忘れずに♡

6・ファンデの厚塗りはやめよう!

スキンケアと同じように、下地をなじませるためにファンデーションを塗るまで少し待ちましょう!そして下地が肌になじんだら、薄塗りを心掛けましょう。ファンデーションも化粧下地と同じく、ポンポン叩き込むようにしていくとムラなく仕上がります。特に皮膚が薄くてよく動く、目元や口元はヨレやすいのでスポンジに残ったファンデーションをつけるくらいで大丈夫!メイクが崩れないようにと思い厚塗りしてしまうと、かえって化粧崩れの原因になってしまうので、ファンデーションは薄塗りをおすすめします。また、リキッドファンデーションをお使いの方は、仕上げにフェイスパウダーでリキッドを固定することを忘れずに!フェイスパウダーは余分な皮脂を吸着してくれるので、サラサラ感が持続しメイクも崩れにくくなりますよ♡

7・メイク崩れ防止スプレーがおすすめ!

メイクが全て終わったら、最後にメイク崩れ防止スプレーをつかってみましょう!メイク崩れ防止スプレーは汗や皮脂を押さえてくれるので、メイクしたてのサラサラ感を持続できるだけでなく、メイクの持ちを格段に良くしてくれる優れもの!顔から20cmほど離して(目を閉じた状態)全体にシュッと一吹きすれば、朝のキレイなメイクを維持してくれます。またメイク崩れ防止スプレーには、保湿成分が配合されているタイプもあるので、潤いをキープしながらメイク崩れも防ぐことができちゃうんです♡

メイク崩れの直し方!これなら簡単!

せっかくキレイに塗ったファンデーションが、外出した途端に汗でくずれてしまった!そんな経験ありませんか?夏のメイクは汗や皮脂でどうしても崩れてしまいがち(泣)ですが、途中で全て落として塗り直すのも大変です‼そこで、たった数分の応急処置でキレイを保てる!とっておきのメイク直し術をご紹介します♡

簡単!メイク直し【化粧水編】

1・化粧水をメイクがヨレてしまっている部分に、指の腹を使って優しく”くるくる”となじませます。

2・次にティッシュオフ!ポイントは決してこすらず、ティッシュの上からポンポンと抑えるようにすること。

3・ティッシュオフしたら、ファンデーションを丁寧に抑えるように重ねましょう!

簡単!メイク直し【ミストローション編】

1・ミストローションを顔から20~30cmほど離して、顔全体に吹きかけます。次に少しずつ位置を変えて数回スプレーし、顔全体が均一にしっとりするようにスプレーします。

2・ティッシュを1枚とり、顔全体にのせます。指で軽くなじませ、ミストローションで浮きあがったメイクや皮脂、汗を吸い取りましょう。この時、強く押さえるとメイクを取り過ぎてしまうので注意してくださいね♡

3・特に皮脂がたくさん出ている額や小鼻、鼻の周りなどは、もう1枚4つ折りにしたティッシュをつかって、指先でしっかり押さえましょう。

4・ファンデーションをスポンジに薄くとり、メイクが落ちた部分に重ねます。まずはTゾーンに、その後気になる部分にも薄く重ねましょう。ファンデーションを重ねていない部分との境目を丁寧になじませでくださいね♡

崩れないメイク術をまとめ

今回の『もう崩れない!1日中崩れないメイク術』の記事については参考になりましたか?暑い季節のメイク崩れを防ぐにはメイクの方法だけでなく、朝の洗顔やスキンケアを見直すことが大切♡ちょっとした手間をかけるだけで、メイク崩れの防止につながります‼今回ご紹介したメイク崩れの原因をしっかりおさえて、自分に合った対策法をぜひ見つけてみて下さいね♡